アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

使わないなんてもったいない!コントロールカラーは美肌の救世主!肌悩み別の使い方教えます

みなさんクマや赤み、くすみなどさまざまな肌悩みがあると思います。それを調整するのがコントロールカラー。使い方は、下地を塗った後、ファンデーションを塗る前に点置きして肌に馴染ませます。自分の肌悩みに応じて、ぴったりなカラーを見つけてください!

  • 1975 views

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

透明感がでる【パープル】

パープルは澄んだような透明感が出せる色。エレガントカラーです。

黄ぐすみや肌の黄みをおさえる効果もあります。顔全体に塗りすぎると白くなりすぎるので、少量を薄く伸ばすのがポイントです。

赤みを消してくれる【グリーン】

赤ら顔や頬の赤み、小鼻の赤みを消してくれるのがグリーン。赤ら顔は、毛細血管が透けて見えることを言います。

毛細血管が浮き出ている部分のみにグリーンのコントロールカラーを使用するのが正しい使い方!塗りすぎると不健康な印象になるので、量に注意が必要です。

血色のいい肌に【ピンク】

特に色白さんにおすすめのコントロールカラーです!血色の良い女性らしい印象に仕上がります。

青白い肌悩みの方や、暗い印象の肌を明るく見せてくれるので、ピンクのコントロールカラーは顔全体に塗ってくださいね。

黄み系の肌に万能な色【イエロー】

クマ、くすみ、肌の色ムラなど万能に使えるカラーです。

肌馴染みがいいので黄み肌でも浮かないのがおすすめポイント。茶くま(色素沈着)解消が得意な色です。イエローのコントロールカラーも健康的に見せてくれます!

くすみなどの影色消しが得意な【オレンジ】

ダークな茶ぐすみ系の肌にはオレンジがおすすめです。

更に、クマやたるみなどにも得意な色で、黒くま(たるみ)や青くま(血行不良)のコンプレックスがある方は試してみてください!健康的な肌の色にしてくれて、若々しい印象にしてくれますよ。

肌悩みに応じたコントロールカラーを活用して肌をきれいに見せましょう♪

「#コントロールカラー」の記事をもっと見る


執筆者:Lee



14

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

Twitterをフォローする

Instagramをフォローする

ログイン・無料会員登録